2006年02月01日

有効求人倍率と職種探し

こんばんは、「午後から社労士」です。

(NIKKEI NET 1/31付より引用)

有効求人倍率、13年ぶり1倍を回復・昨年12月

 厚生労働省が31日発表した2005年12月の有効求人倍率(季節調整値)は前月を0.01ポイント上回る1.00倍となった。1倍台を回復したのは1992年9月以来、13年3カ月ぶり。総務省が同日発表した労働力調査でも、05年12月の完全失業率(同)は4.4%と前月に比べて0.2ポイント低下した。景気回復による収益改善に加え、団塊世代の大量退職も控えて、雇用情勢の改善が一段とはっきりしてきた。

 有効求人倍率の1倍は求職者1人に対し、1つの求人がある状態を指す。バブル経済崩壊や1990年代後半の金融システム不安で、企業は雇用コストを削減するために人員リストラを加速。採用抑制の動きとともに有効求人倍率も大きく落ち込み、一時は1つの求人に対して2人以上が職を求める、大幅な「買い手市場」になっていた。景気回復に伴って雇用環境も徐々に改善に向かい、12月は有効求人が前月に比べて1.3%、有効求職者は2.3%それぞれ減少。この結果、有効求人倍率は0.01ポイント上昇した。05年平均の有効求人倍率も0.95倍と、前年から0.12ポイント上昇。1992年(1.08倍)以来の水準に高まった。

(引用ここまで)

今日の新聞各紙はこの記事を取り上げていますが、日経新聞ではさらに職種別の有効求人倍率を取り上げています。いわゆる技術系職種は平均1.85倍で機械電気技術者は5.2倍、情報処理技術者は3.76倍という高水準になっているのに対して、私が携わっている会計事務職は0.44倍、事務職全体でも0.3倍という有様で、職種による格差が激しいことは一目瞭然です。

私の転職活動経験上でも、会計事務職への転職は相当困難なものでした。他の業種でもそうですが、事務職については明らかに実務経験>資格(私の場合は簿記2級)の傾向が強いですから、覚悟していたとはいえ大苦戦しました。実務未経験可というところでも会社側が望むスキルと私のスキルがミスマッチだったこともあるでしょう。

そんな状況の中で、現在勤務している会計事務所に転職が決まったのは幸運だったとしか言いようがありません。たまたまハローワークで見つけて紹介してもらい、速達で応募書類を送ったところ、その行為が気に入れられたこと、その当時は人手が欲しかったというところで上手くタイミングがあったようです。

会計事務職の求人を取り巻く状況は間違いなく厳しいですが、諦めず探し続ければ私のように必ず見つかると思うので、絶対に諦めずチャレンジしてください。これは他の職種にもいえることだと思います。有効求人倍率はある程度の目安にはなりますが、あくまでも自分のスタンスで妥協することなく職業を探すことが大事だと思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking


にほんブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
posted by gogosharo at 22:02| Comment(2) | TrackBack(5) | 労務関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。