2006年01月20日

あれ?役所は?

こんばんは、「午後から社労士」です。

おかげさまで、この投稿で通算100投稿になります。100投稿までよくネ
タが切れずに頑張ったという気持ちと、まだまだ100投稿したにすぎな
い、という気持ちが同居しています。比率的には後者の気持ちの方が前
者の気持ちよりも強いので、これからも原則毎日、なるべくビジネス・
社労士開業・労務系ニュース・ネットマーケティングなど私のブログを
見ていただける方に役に立つことができる情報を発信していきたいと思
います。これからもよろしくお願いします。

今日は事務所の皆さんが確定申告の研修に出かけたため、通常の午前中
までではなく午後も留守番のために事務所にいました。給与支払報告書
の市町村分けをして提出の準備をすることを午後に行っていましたが、
提出用の封筒に提出先市町村役場を書いていると、給与支払報告書に印
刷されている町村が余っていることが判明しました。何故だ?

答えはその町村をネット検索したらわかりました。合併によってその町
村は市に吸収されていたのです。

給与支払報告書は「平成18年1月1日現在」居住する市区町村役場に提出
することになっています。その該当した町村は「平成18年1月1日」に市
に吸収合併されました。ということは税務署から送られてくる年末調整
の添付資料にある市区町村役場一覧に、その町村は記載されていないの
ですから、給与支払報告書に町村が余るのは必然的なことだったのです。
しかも会計事務所で使用している年末調整プログラムには「平成18年1
月1日付合併」の反映はされていなかったようなのです。

慌てて旧町村が書かれているデータを新しい市のデータに入力し直して
給与支払報告書の出力をし直して、さらに総括表の修正をして研修から
帰ってきた事務所の所長に報告しました。

今年については市町村合併が多発したので、このようなケースは非常に
多く、戸惑った方もたくさんいたのではないでしょうか。これからもこ
ういうケースはあると思われるので、年末調整を社労士業務として行う
方は、1年に1回しかない業務ですが注意して取り掛かるべきではないか
と思います。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。