2006年01月06日

怪しい取材オファー

こんばんは、「午後から社労士」です。

つい先程、ある雑誌社から電話がかかってきました。「取材を受けたい」
とのことで本来なら「ヤッター!」と叫びたいところですが、まだ実績も
ない自分に「なぜ取材オファーが来るの?」という半信半疑な気持ちもあ
ったので、とりあえずは話を聞いてみることにしました。

その雑誌はどうやら病院の待合室などに置いてある雑誌のようで、ある俳
優さんが私の事務所(=自宅)に来てインタビューをするというような内
容のことを言ってましたが、ここで一つの疑問が浮かびました。「私(の
事務所)の存在をどこで知ったの?」

先方の答えは「新聞社等のつながりやホームページも拝見させていただい
て、ここなら取材対象として問題がないだろう、という判断で」という答
えが返ってきましたが、「ホームページを見たのならばメールでオファー
を出してもいいのでは?」と思いました。

とりあえず話は進んでいき、来週の金曜日か土曜日に取材に来てもいいか
、というところまで進んでしまいましたが、ここで私はもう一回その雑誌
の名前を聞きYahooで検索したところ、怪しい記事を発見しました。「取
材費と称していくらかお金を徴収するようだけど、なぜですか?」と訊い
たら、その取材費用を徴収する正当性を主張してきたので、これ以上話を
続けると先方に負けてしまいそうな気がしたので「この話はなかったこと
にしてください、お断りします。」と主張したところ、先方はあっさりと
電話を切りました。

それにしても取材を受けるためにお金を払わせる雑誌社って常識的に考え
られるでしょうか?そして、実績のない自分にオファーが来たというのが
非常に不可思議なことです。そもそもそのようなお金を払う余裕はないの
で結局は断ることになっていましたが。

やはり、しっかり実績を積んだ上で取材のオファーを受けたいものです。


人気blogランキングに参加しています。

blogranking
posted by gogosharo at 18:36| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。